第19回文化カフェを精華町教育委員会と共催致しました

 ~特別講演会「古代の精華町と古事記」~

 これまであまり触れられてこなかった「古事記」と「精華町」の関連がテーマです。

 講師に、精華町南稲八妻地区在住の村瀬 学先生を招き、興味深い新たな視点で古事記を読み解かれ、会場は超満員でした。

▼日時:平成28年3月26日(土曜日)13時30分~15時30分

 

講師:村瀬 学(同志社女子大学生活科学部人間生活学科特任教授)

▼場所:精華町交流ホール(町役場2階)

▼参加者数:150人の定員に対し、200人超

 

▼主催:精華町教育委員会、NPO法人けいはんなオブザーブ

 

第18回 けいはんな文化カフェを開催しました

 ~日本映画の戦後と現代音楽、溝口健二「赤線地帯」を中心に~

小津、黒澤と並び「日本映画の三大巨匠」の一人に数えられる溝口健二。

彼はトーキー黎明期の先駆的試み、新派や同世代の全英芸術との関わりなど、ジャンル、スタイル、テクノロジーの幅広い範囲で創造性を発揮しました。

そうした溝口映画における音響創作の達成を、彼の遺作となった「赤線地帯」を中心に解き明かすスリリングな講演

■講師:長門 洋平 (国際日本文化研究センター機関研究員、博士)
■平成27年3月7日(土曜日)13時30分~15時30分
■会場 -iazz point-那達幕(ナーダム)

■参加人員 30名


第17回 けいはんな文化カフェを開催しました

江戸文化という物語~イメージとしての《江戸》はいかにつくられたか?

講師:奥野 卓司(関西学院大学大学院社会学研究科教授)

 日本人が抱く「イメージとしての江戸」は、どのようにして作られてきたか?

 「現代の日本人の江戸文化のイメージ」が、テレビ、映画、小説、マガ、教科書などの〈メディア表象〉によって、いかに作られ人々の意識にどう影響してきたかを解読。
■平成26年12月20日(土曜日)13時30分~15時30分
■会場 イオンモール高の原4F「こすもすホール」

参加人員数 30名


第16回けいはんな文化カフェを開催しました

「演歌をめぐる戦後大衆音楽史」~創られた「日本の心」神話~

講師:輪島 裕介(大阪大学大学院 文学研究科 教授)

 美空ひばりは「演歌」歌手だったのか?

 「演歌」=「日本の心」神話成立の謎に挑む

 スリリングな講演!!
■平成26年9月20日(土曜日)午後1時30分~4時
■会場 -jazz point-Tel.0774-95-0997、精華町光台4-16-1 
■参加者数 40名
 

第15回文化カフェを開催しました。

 クマグスの森~南方熊楠の見た宇宙~
講師:松井 竜五(龍谷大学国際文化学部教授)
■平成26年6月21日(土曜日)午後1時30分~3時30分
■会場 精華町立図書館 1階集会室(精華町役場)
 紀州和歌山が生んだ先駆的エコロジスト、南方熊楠。博物学者と
して、また生物学者、民俗学者として広く知られる熊楠は、世界を放浪、原生林を駆け巡り、果て無き大宇宙の謎を追い、森羅万象の本質に迫るため、生涯その目で見たままを詳細に記述しました。

講演では、彼の頭脳と心の森に踏み込み、最新の研究に基づく熊楠像を紹介しました。

【参加者(藤田忍さん)からの投稿】
 慶応3年に紀州に生まれ、子どものころから知的好奇心旺盛で、書物を読み、筆写していた。 東大の予備門に入学、落第、和歌山に帰郷後、19歳でアメリカへ。その後キューバを経て、イギリスのロンドンへ。その間、Nature誌へ何編か論文を掲載。

 33歳で帰国後、那智、田辺で研究を継続し、神社合祀反対運動を展開し、それが後に熊野古道を守ることにつながったという評価がある。1929年に昭和天皇に進講することになり、熊楠のそれまでの言動が社会的に認められたとみなされた。

 凄く能力があるが変人と思われている。民俗学者、植物学者、生物学者・・・
南方マンダラ・・・世界の物事はすべて関わっている。これをホログラムで立体画像にした岩崎仁先生も参加されていた。

 「因果と因果の交錯から縁が生ずる」、エコロジー:生態学を初めて日本に紹介した。記録魔であった。
 素晴らしい講演でした。

 

第14回文化カフェを開催しました。

 会場いっぱいの参加者あり。大正から昭和初期を生き抜いた二人の人物像の側面が分かりやすく、また参加者からは素敵な詩の朗読があったりで和やかな雰囲気も良かったですね。

■テーマ 金子みすゞと林芙美子

■講師   寺田 操(てらだ・そう) 詩人・コラムニスト

■日時   平成26315()午後130分~330

■会場   jazz point-那達幕 (ナーダム)
      (所在地:京都府相楽郡 精華町光台4-16-1
             【アクセス】 http://naadam.blog.shinobi.jp/

■定員    40名(事前申込み制 先着順)

■参加費 500円(1ドリンク付)

■主催 NPO法人けいはんなオブザーブ

■後援 精華町教育委員会